アーティスト紹介

アーティスト紹介

二木てるみ(女優)

二木てるみ(女優)

三歳で映画界入り。黒澤明監督「七人の侍」に農民の子の一人として参加。五歳のとき久松静児監督「警察日記」に出演。その才能を絶賛され、 その後同 監督作品に多数出演 。1965年に再び黒澤監督とめぐり会い「赤ひげ」のおとよ役で第16回ブルーリボン助演女優賞を史上最年少で受賞。1987年、NTV「赤い夕日の大地で」でギャラクシー賞個人賞を受賞。以後、映画、テレビ、ラジオ ドラマ声優などの分野で幅広く活躍。主な映画作品、新藤兼人監督「三文役者」、熊井啓監督「日本の黒い夏・冤罪」、中原俊監督「コンセント」、福岡芳穂監督「空が近い」、舞台蜷川幸雄演出「近松心中物語」、2009年には「三平物語」「おしん」、テレビではNHK大河ドラマ『義経』の比企尼役で出演。2010年夏には36年前にソ連の圧力により封印された幻の名作「氷雪の門」が日本全国で公開されトークショー出演などで話題になる。
役者の原点でもある「語り」をライフワークとして大・小のステージで分野の違う人々ともジョイントを続け、2002年より立教女学院短期大学の客員教授として幼児教育科の学生を対象にした「自己表現」についての講義を受け持つなどその活動の場を広げている。
西山淳子(ピアノ)

西山淳子(ピアノ)

国立音楽大学卒。神奈川県横浜市出身。
12歳の時、新設された児童合唱団の常任ピアニストとしてキャリアに入る。
以後、多くの合唱団、歌手、ソロ楽器やアンサンブルと共演。
CMなどの録音も多く、最近ではスクウェア・エニックス社、WOFF(ワールド オブ ファイナル ファンタジー)などのレコーディングにアレンジとも参加。
また、ケルティック・アコースティックユニット The Ash Grove のメンバーとして、ボタンアコーディオン、アイリッシュハープを演奏。国内だけではなく、イギリスでのツアーも好評を得る。

源紀(演出・演技指導)

1983~1984年舞台芸術学院本科に学び、同学院卒業後、ミュージカル「タッチ」、ミュージカル「小公女セーラ」、ミュージカル「シンデレラ」「人魚姫」「眠れる森の美女」等々、数多くのミュージカル作品に俳優として出演。2000年~現在、主任演出家として劇団東少のミュージカル作品全て(14作品)演出し、実績を残している。外部演出としても2005年より、地域住民参加型の市民・町民ミュージカルの演出家として各地で実績を残す。

相羽源氏(振付・ダンス指導)

1983年日本ジュニアバレエに入会。1987年橘バレエ学校に入学。1988年牧阿佐美バレエ団に入団。以後同バレエ団の全ての公演に出演。1991年橘バレエ学校を卒業。1992年「くるみ割り人形」で主役デビューを飾る。以降、「ドン・キホーテ」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」(ブルーバード、金の精)、「三銃士」(ポルトス)などに出演、多くの作品で重要な役柄を努める。

塩谷翔(作曲・歌唱指導)

1984年生まれ。国立音楽大学音楽文化デザイン学科創作専攻卒業。作曲を福士則夫、北爪道夫、栗山和樹の各氏に師事。クラシックからポップスまで幅広い作編曲の他にトークショー、ディナーショー等でのピアノ演奏も行っている。ブロードウェイミュージカル「Sideshow」音楽監督助手兼稽古ピアニスト。

劇団東少

劇団東少は1949年創立以来公演活動を続けて半世紀を越えた歴史のある児童演劇の専門劇団です。公演地は、全国的であり、北は北海道から南は九州沖縄と幅広く、公演日数も年間150日を超え30万人以上の動員をしています。作品は名作から創作まで数多く手がけ、特に子どものための名作ミュージカルは魅力的な舞台を創り、定評があります。1983年からスタートした東京日本橋の三越劇場での夏・冬の三越ファミリー劇場は、定期公演になり、一般公演の少ない児童演劇界でユニークな存在としてその成果を着々と実らせています。劇団東少の子どものための名作ミュージカルは心のやさしさをメルヘンタッチで描き、現代に通じる愛を、芝居・歌・踊りで構成し、涙と笑いを折りまぜながら感動的な舞台を創り、大人にも子どもにも好評を博しています。
山田 武彦(ピアノ/音楽監督)

山田 武彦(ピアノ/音楽監督)

東京藝術大学作曲科卒業、同大学院作曲専攻修了。フランス政府給費留学生としてパリ国立高等音楽院ピアノ伴奏科に入学。審査員の満場一致により首席で一等賞を得て卒業。フランスの演奏団体である2e2m、L'itineraire Triton2等でソリストとして演奏し、現代音楽の紹介を務める。帰国後はピアニストとして数多くの演奏者と共演、コンサート、録音、放送等のソリストのパートナーとして厚い信頼を得る。2017年、1ヵ月に及ぶロングラン公演「浅草オペラ100年記念 ああ夢の街浅草!」にて音楽監督を務め、全曲の編曲・演奏を行う。洗足学園音楽大学作曲及びピアノコース統括責任者を歴任、現在同大学教授。
麻生 八咫(活弁士)

麻生 八咫(活弁士)

1952年生まれ。獨協大学卒業後、一人芝居「日傘と剃刀」を全国400回公演。活弁士・池俊行師の活弁「坂本龍馬」との感動の出会いにより活弁士となる。1995年、文化庁主催「ジャパン映画フェスティバル」(イタリア)活弁公演。1998年、活弁界初の文部大臣賞受賞。2019年、埼玉坂本龍馬会名誉会長就任。「活弁教室」(台東区社会教育センター)主催。朗読CD『名人伝/山月記』(中島敦作)語り・麻生八咫

東京室内歌劇場

昭和44年、畑中良輔・栗山昌良・若杉弘・三谷礼二・杉田村雄によって創立。現代と古典を対応させた室内オペラ作品の意欲的上演により、日本オペラ界に貢献する大きな成果を上げてきた。ジローオペラ賞、文化庁芸術祭賞、モービル音楽賞、音楽之友社賞等を受賞。また、世界各国の音楽祭に招かれるなど、国内外の活動は高い評価を受けている。
植木 稚花(ソプラノ)

植木 稚花(ソプラノ)

桐朋学園芸術短期大学芸術科音楽専攻卒業。同大学専攻科・研究科修了。二期会オペラ研修所56期マスタークラス修了。二期会準会員。東京室内歌劇場会員。宇都宮アート&スポーツ専門学校声優科非常勤講師。パフォーマンスユニット「Cranky box」としても活動中。