アーティスト紹介

アーティスト紹介

立川志らく

立川志らく

昭和60年 立川談志に入門 前座名「志らく」
昭和63年 二つ目昇進
平成 7年  真打昇進
林家三三

林家三三

平成5年 十代目 柳家小三治に入門 前座名「小多け」
平成8年 二つ目昇進「三三」と改名
平成18年 真打昇進
林家二楽《紙切り》

林家二楽《紙切り》

平成元年 故父二代目林家正楽に入門 「二楽」
平成3年 師匠ともに寄席の初高座

立体紙切りなど新しい紙切りの世界を作り出している。
また、1年に1回のペースで自身の会『二楽劇場』を開催中。好評を博している。
古今亭文菊

古今亭文菊

2002(平成14)年11月01日 古今亭圓菊に入門
2003(平成15)年01月11日 前座となる 前座名「菊六」
2006(平成18)年05月21日 二ツ目昇進
2012(平成24)年09月21日 真打昇進 「文菊」を襲名
春風亭一之輔

春風亭一之輔

平成13年 春風亭一朝に入門 前座名「朝左久」
平成16年 二つ目昇進「一之輔」と改名
平成24年 真打昇進

平成24年春、21人抜きで真打昇進。現在大注目の落語家
柳貴家雪之介《大神楽曲芸》

柳貴家雪之介《大神楽曲芸》

昭和62年  水府流大神楽十八代宗家・実父柳貴家正楽に師事
平成2年   EXPO’90大阪万博で初舞台
平成6年   正楽社中の一員として芸術祭公演参加
平成18年  水戸大神楽十八代家元襲名20 周年記念公演
      (十九代若宗家・四世正楽襲名)
平成21年  柳貴家雪之介を名乗り高座に上がる
       柳家花緑一門になる
中澤佑二(サッカー元日本代表)

中澤佑二(サッカー元日本代表)

1978年2月25日生まれ。埼玉県出身の元プロサッカー選手。1998年にヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)に練習生として参加し翌99年にプロ契約。2002年に横浜F・マリノスに加入。2003、2004年のリーグ連覇に貢献するなどクラブの顔として活躍。2004年には日本人DFとして初めてJリーグ最優秀選手賞を受賞。1999年9月にデビューした日本代表でも長年に渡って活躍し、日本代表主将も経験。2006年ドイツ、2010年の南アフリカ、2大会連続でワールドカップに出場。
DF登録では歴代最多となる代表通算17得点をマーク。またJ1通算593試合出場は歴代3位。
2012年9月29日から、フィールドプレーヤーとしてはトップの199試合に連続出場。さらに2013年7月6日から昨年8月15日まで178試合連続フル出場。「ボンバー」の愛称で親しまれ、数々の記録を打ち立ててきたセンターバック。今年、1月8日に現役引退を発表し、プロ20年目となる2018シーズンをもって、ピッチを去る決断をしました。
吉井妙子(ジャーナリスト)

吉井妙子(ジャーナリスト)

宮城県出身。朝日新聞を退社後、スポーツジャーナリストとして独立。『帰らざる季節~中嶋悟 F1 五年目の真実』で91年度のミズノスポーツライター賞受賞。ジャンルを問わず人物ノンフィクションを多数てがける。著書に『頭脳のスタジアム』、『天才は親が作る』、『トップアスリートの決断力』他多数。
大口俊輔 (作曲家・ピアニスト・アコーディオニスト)

大口俊輔 (作曲家・ピアニスト・アコーディオニスト)

英国留学中、音楽教師の薦めで音楽を始める。帰国後、東京藝術大学入学と同時に、チャンチキトルネエドのメンバーとして活動開始。卒業後は、演劇、ファッションショー、映画、絵画、TV等に多数の音楽作品を提供。主なものに、森美術館『不平の合唱団』音楽ディレクションおよび音楽制作、蜷川幸雄演出『エレンディラ』出演・演奏、パリ日本文化会館の小津安二郎無声映画作品上映での作曲演奏など。近年ではNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』(音楽:大友良英)でのアコーディオン演奏や、JUNYA WATANABE COMME des GARCONSのパリ・コレクションのための楽曲制作、大竹しのぶ主演『ピアフ』(2015)でのアコーディオン演奏などがある。現在放映中のNHK大河ドラマ『いだてん』では劇中音楽(音楽:大友良英)でアコーディオンを演奏、および音楽家役として出演もしている。大友良英スペシャルビッグバンドメンバー。
今込浩(トロンボーン)

今込浩(トロンボーン)

2004年東京藝術大学、2011年ロストック演劇大学卒業。
2016年より山下陽介ビッグバンドに参加。2016年度より横浜シンフォニエッタシーズンメンバー。トロンボーンクァルテット・クラール、大友良英スペシャルビッグバンド、大友良英ニュー・ジャズ・クインテット、メランジェ合奏団、アムスレ・ヨーデル・クヴァンテット、等メンバー。
山梨トロンボーン倶楽部テクニカルアドバイザー、上野学園大学非常勤講師。