アーティスト紹介

アーティスト紹介

しんた

しんた

北海道安平町出身(安平町観光PR雪だるま大使)。10歳より和太鼓を始め18歳から「鼓童」に3年間在籍。2006年より北海道を中心にソロ活動を始める。太鼓と踊りの関係に自分のスタイルを見いだし、アジア、アフリカ、ブラジル、諸外国のダンス音楽をアレンジしたスタイルは、国内外11ヶ国で大成功を収める。
大沢 しのぶ

大沢 しのぶ

秋田県の「大館曲げわっぱ太鼓」で10歳より和太鼓を始め、全国各地の太鼓コンクールで優勝を重ねる。「FIFAワールドカップ女子U-20大会開会式」他、多数のイベントに出演。フランス《FICEP/外国文化週間》、ドイツ《ミュンヘン日本祭》、台湾《台南芸術祭》、ワシントン桜祭り等に出演。
シンゴ

シンゴ

和楽器奏者4人組の「SAMURAI J BAND」や、篠笛とのデュオ「轟」に参加。2018年はベトナムやヨーロッパ3ヶ国、アフリカ2ヶ国での演奏と海外公演も多数。所ジョージのレコーディング、NHK BSの内田有紀主演ドラマ「荒神」出演。2018年末~2019年正月まで、にっぽん丸(グアム・サイパンクルーズ)で演奏。
金刺 敬大

金刺 敬大

三兄弟による和太鼓ユニット「は・や・と」で活躍する他、多数のグループに参加。役者としても舞台に立つなど多方面で活躍中。2005年度、文化庁新進芸術家国内研修制度に和太鼓奏者として初めて選出。最近は、スペイン、ドイツ、カナダ他、国外でも多数のツアーやワークショップを開催。クリエイトラッド・ジャパン代表。
田中 まさよし

田中 まさよし

ダイナミック且つカラフルな演奏スタイルで、和太鼓や世界各国の打楽器を操る。国内外の文化交流事業に多く携わり、2015年、2018年のラオスでのJapan FestivalではAlexandra Bounxoueiとの共演で好評を博す。周防正行監督の最新映画「カツベン!」に楽士役で出演(2019年12月公開予定)。1st album[鬼灯]配信中。
立川志らく

立川志らく

昭和60年 立川談志に入門 前座名「志らく」
昭和63年 二つ目昇進
平成 7年  真打昇進
林家三三

林家三三

平成5年 十代目 柳家小三治に入門 前座名「小多け」
平成8年 二つ目昇進「三三」と改名
平成18年 真打昇進
林家二楽《紙切り》

林家二楽《紙切り》

平成元年 故父二代目林家正楽に入門 「二楽」
平成3年 師匠ともに寄席の初高座

立体紙切りなど新しい紙切りの世界を作り出している。
また、1年に1回のペースで自身の会『二楽劇場』を開催中。好評を博している。
古今亭文菊

古今亭文菊

2002(平成14)年11月01日 古今亭圓菊に入門
2003(平成15)年01月11日 前座となる 前座名「菊六」
2006(平成18)年05月21日 二ツ目昇進
2012(平成24)年09月21日 真打昇進 「文菊」を襲名
春風亭一之輔

春風亭一之輔

平成13年 春風亭一朝に入門 前座名「朝左久」
平成16年 二つ目昇進「一之輔」と改名
平成24年 真打昇進

平成24年春、21人抜きで真打昇進。現在大注目の落語家