アーティスト紹介

アーティスト紹介

大津 佐知子(ソプラノ)

大津 佐知子(ソプラノ)

東京女子大学卒業。ジュリアード音楽院修了。これまでに、『愛の妙薬』アディーナ、『椿姫』ヴィオレッタなどオペラ出演多数。また『天国と地獄』をはじめオペレッタも得意とする。第14回ルブリアン・フランス音楽コンクールにて銅賞受賞。東京室内歌劇場、東京シティオペラ協会各会員。
橋本 美香(ソプラノ)

橋本 美香(ソプラノ)

国立音楽大学器楽科(ピアノ専攻)卒業後、声楽に転向。東京藝術大学大学院修士課程及び博士後期課程を声楽で修了、博士号取得。ウィーンに留学。第9回全日本ソリストコンテストにてグランプリ、第4回JILA音楽コンクール第1位他賞歴多数。レパートリーは多岐言語に渡り、童謡から現代曲まで幅広い。
栗田 真帆(メゾソプラノ)

栗田 真帆(メゾソプラノ)

桐朋学園音楽大学短期大学卒業、同研究科声楽専攻修了。二期会、東京室内歌劇場会員としてメゾソプラノの主要な役でオペラ、オペレッタに出演。最近は邦人オペラ作品に出演が続いている。ライフワークとして「キャバレーソング」のコンサートを企画、構成、出演。
三橋 千鶴(メゾソプラノ)

三橋 千鶴(メゾソプラノ)

桐朋学園音楽大学短期大学卒業、同研究科声楽専攻修了。二期会、東京室内歌劇場会員としてメゾソプラノの主要な役でオペラ、オペレッタに出演。最近は邦人オペラ作品に出演が続いている。ライフワークとして「キャバレーソング」のコンサートを企画、構成、出演。
三津山 和代(メゾソプラノ)

三津山 和代(メゾソプラノ)

東京芸術大学卒業、同大学院修了。94年から文化庁芸術家在外研修員としてイタリアに留学。国内外のコンクールでの受賞多数。帰国後は古典から近代までのイタリア・日本歌曲の演奏会、また日本語によるオペラへ幅広く出演。また第九、メサイアなどのソリストとしても活動。二期会会員。東京室内歌劇場会員。
島田 道夫(テノール)

島田 道夫(テノール)

東京都出身。武蔵野音楽大学大学院修了後、国際ロータリー財団奨学生としてスペインに留学。帰国後は、オペラ、オペレッタ、サルスエラ、ミュージカル等で活躍。歌役者、振り付け師、演出家、合唱指揮者、ボイストレーナー、バリアフリーボーカリスト。二期会、東京室内歌劇場会員、総合学園テクノスカレッジ芸術科講師。
斎藤 忠生(テノール)

斎藤 忠生(テノール)

秋田県出身。天性の張りのある輝きを供えた美しい声の持ち主で、たぐいまれな演技力と表現力を兼ね備えたキャラクターテノールの第一人者。立川清登氏に才能を見いだされ1971年、二期会公演「こうもり」のアルフレード役でデビュー。彼なくして上演は難しいと言われる作品も多い。カンツォーネ、ジャズ、演歌、何でも歌うが、「寂しがりやの田舎もん」と本人は言う。東京室内歌劇場会員。
古澤 利人バリトン

古澤 利人バリトン

東京藝術大学声楽科卒業。P.M.Ferraro'01オペラマスタークラス、二期会オペラ研修所マスタークラス修了。オペラ歌手として様々な団体で主要な役を演じる。2009年に演出家デビュー。2013年に東宝ミュージカル「レミゼラブル」司教役に抜擢。2018年東京文化会館小ホールにて初リサイタル、好評を博す。
松井 康司(バリトン)

松井 康司(バリトン)

武蔵野音楽大学卒業。ドイツ国立フライブルク音楽大学大学院課程修了。音楽之友社主催の日本歌曲シリーズをはじめ多くのコンサートに出演している他、最近はコンサートの企画も手がけている。また、オペラにおいては個性的な脇役にて高い評価を得ている。日本音楽コンクール入選。奏楽堂日本歌曲コンクール第3位入賞。桐朋学園芸術短期大学教授。東京室内歌劇場会員。
豊田 泰子(ヴァイオリン)

豊田 泰子(ヴァイオリン)

桐朋学園芸術短期大学芸術科ならびに専攻科を卒業。福島県南会津町、兵庫県加東市との提携によるコンサートに出演。ハンガリー・リスト音楽院、フライブルクにてソロと室内楽のマスタークラスを受講。これまでにヴァイオリンを松村一郎、奥田雅代の各氏に、ヴィオラを市坪俊彦氏に師事。オーケストラ、室内楽、アウトリーチ活動などで活躍の幅を広げている。